ワールドクッキング台湾

2020年最初のユースイベント、「ユースでワールドクッキング」の第三弾は「台湾」!でした。1月25日、新宿区柏木地域センターの調理室で行われました。
(このイベントは「TOKYO2020応援プログラム」かつ大和証券福祉財団の助成を受けて実施しました)

食を通して文化を学ぶ。今回は魯肉飯(ルーローハン)で心身満腹に!そして、タピオカミルクティー付です。

今回も、調理に入る前に、まず台湾について学ぶ時間を持ちました。早稲田大学に留学後、日本で就職されているスージャさんに語っていただきました。

意外と知らぬ「お隣の」台湾。終わった後は、全員が台湾に行きたい!と手を挙げていました。

そして、調理指導と食育の時間。チンゲン菜など青物のゆで方、また挽肉の煮込み方を一から教えていただきました。

そして、ルーローハンの隠し味となるのが「八角」。これも、前回のワールドクッキングに参加してくれた現早稲田大学留学中の李さんが、ご厚意で現地から取り寄せてくださったのでした。皆さんの真心で成り立っているものだと改めて感じます。

独特のにおいを確認します。

煮込んでいる間に、心も温かくなるワークショップを行います。世代も国も超えて、誰もが親しくなる時間です。

「よく言われる特徴を、初めて会う人にも言われたので、自信を持つことが出来た」(中学1年生)「交流することで、互いに見える世界の広さや考え方をシェアできてよかった。」(大学4年生)

「今まで言われたことがないことをほめられたり好きと言われて、新しい自分に気づけて良かった。」(高校3年生)

このように心を煮込み、そして鍋の煮汁がなくなるまで煮込めたら、みんなで盛り付けます。

今回は、自宅で再現しやすいように、ブロック肉ではなく挽肉を使って調理しました。

そして、あとは楽しく交流しながら食べるだけ。今回は、スタッフたちのご家族も参加いただけてとてもよかったです。和む時間になりました。

次回のご参加を心よりお待ちしております。

笑顔溢れるピーススマイルを見学しましょう

詳細はこちら