社員満足度を高め、働き甲斐のある職場作りとは

 慢性化した人手不足の上、給与だけでなく、社員満足度を高める職場作りが求められています。実際、そうしてこそ、社員のパフォーマンスがあがります。さらには、職場への帰属意識、リテンション効果(優秀な人材の確保、維持)を生み出すからです。
 しかし、ただ環境を変えるだけでは十分ではありません。もっと大事なことは、職場の人間関係をよくすることです。職場での悩みの9割は人間関係の悩みですから(特に上司と部下の関係。おおむね当の上司は気づいていない)。
 つまり、施設環境を居心地よくすることも大事ですが、何よりも人間関係をより緊密に、良好にしてこそ、社員が働きたくなる居心地よい職場が生まれるのです。
 ピーススマイルのワークショップ付き講座は、笑顔と幸福感を生み出す職場作りを可能にします。また、職場の人間関係を良好にすることは、最も大きなストレスを減らせることなので、メンタルヘルス対策にもなります。ウェルネスを意識した職場作りにぜひご活用ください。社内懇親会でのワークショップやアイスブレイクも承ります。

真の健康経営を実現するには、人間関係とチームワークの向上を

 社員のエンゲージメント、すなわち気持ちよく働ければ、仕事の質も生産性も成果もあがります。ただ、1on1などのコミュニケーションの場を設けるだけでは個人の力量に左右されてしまいます。
 しかし、ピーススマイル表現法を職場全体で行えば、普段個別で働く社員や、世代の離れた社員同士の関係性、また上司と部下の関係性をほどき、「和睦する」ことができます。チーム全体が「心を開き」、人間関係が親密になるので、職場の雰囲気がよくなり、自然と主体的に仕事に取り組め、生産性が上がります。
 このように、人への接し方と人間関係の向上まで実現できてこそ、リテンション(優秀な人材の確保・維持)マネジメントに加え、当事者意識を持ち主体的に働く社員を生み出すことでしょう。

人間関係のストレスを減らすから、メンタルヘルス対策になる

 ストレスチェックや産業医へお任せだけでは、うつなどのメンタル問題を「予防」できません。予防するほうが、問題が起こってからの労力や費用以上にずっとお得です。人への接し方、仕事への取り組み方などのマインドを変えることで、人間関係もよくすることができ、ストレスを減らせます。
 職場でのストレス第一要因を減らすことで、家庭に戻っても、パートナーや子どもたちへもストレスやイライラをぶつけることなく、家族関係も良くなる。それが職場での仕事ぶりにもと、好循環を生み出すことでしょう。ピーススマイルでは、セルフマネジメント、アンガーマネジメントなど、メンタルヘルス対策の講座をご用意しています。

ご依頼、ご相談はこちらまで

問い合わせフォーム

満足度95%!参加者の声

「上司の言葉にストレスを感じていましたが、明日からやっていけそうです。」
「良好な人間関係を築いていくために、まずは自分の行動を変えていくことから始まると実感させていただきました。心から感謝しております。」
「相手に関心を持ち、認めてあげること、言うべきことの伝え方について、私も含めたリーダー陣には、面談や日常進捗確認の中で必要な考え方であると学ばせていただきました。」
お問い合わせはこちらからどうぞ→問い合わせフォーム

ピーススマイルを活用してESG投資とSDGsの推進ができる

ESG、すなわち環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)評価をされる時代。世界で2030年のSDGsに向かっていく時代。マインドフルネスと生産性効果を同時にあげることができる、ピーススマイルの講座を社員に、またPRにご活用ください。
ピーススマイル講座を活用すること自体が、教育NPOへのCSR・社会貢献活動となり、SDGs(3健康と福祉、4質の高い教育、16平和と公正)を実践する活動となるからです。

人間性まで高めるから、幹部育成にも後継者育成にも成果が出る

 いわゆるコーチングやノウハウものにとどまらず、その人の価値観や考え方、姿勢から育成するので、経営者側が考える姿勢や行動への変化が着実に見て取れるようになります。また、このようなマインドセットでは一時の変化に陥りがちです。
 しかし、さらに人を惹きつけ、周りが認める人間性にまで昇華させるため、職場での再現性を確実に実現することができます。

笑顔溢れるピーススマイルを見学しましょう

詳細はこちら