「SDGs平和について考えるユースディスカッション+アートフェスタ」開催しました

8月3日「平和について考えるユース・ディスカッション+アートフェスタ」を国立オリンピック記念青少年総合センターで開催しました(このイベントは、草の根事業育成財団の助成交付を受けて実施しました)。

終戦の日を迎える夏休み、「平和」をテーマに、中高生を中心に様々な世代が同じテーブルで話し合いました。


ピーススマイル協会は、質の高い教育を行うことで、全ての人が笑顔と平和を享受する社会を実現し、平和精神を持った人々で全ての世界的課題をもっと早く解決することを目指しています。

国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030年までの世界共通目標」SDGs(Sustainable Development Goals)。達成後の世界は、誰もが平和に過ごせる社会ではないでしょうか。そして、この影響を最も受けるといえる今の10代達が当事者意識を持つことはとても重要ではないでしょうか。


SDGsの「平和と公正」「質の高い教育」を推進している私たちからも、自分から平和を実践するワークショップを行い、参加者の顔が一気にほころんでいきました。

誰もが平和は大事だと思うけれど、実際に平和を構築するには、

「今回、相手を知ることが平和につながると考えるようになった。初めて会った人とも挨拶やほめることを通して仲良くなる」(高1男子)

「それぞれの価値観があるから、互いに尊重しつつ、自分の考えも周りに良い影響が与えられるように主張するとよい」(高2女子)

社会人の好リードもあり、中高生もはっきり、しっかり想いと意見を出していました。

「これまで大規模で戦争・人権・貧困について考えていましたが、自分が身近にできることは、お互い話して他者理解することだと気づきました」(高2女子)

「今回新しく、平和実現のため、許すことや人のよい所を見つけることが大切だと思いました」(中2女子)

各自が描く「平和社会」の共有と、私たちができるアクションを話し合いました。このようなアイデアこそが、現代社会に必要な宝ではないでしょうか。

会ったことのない人と交流して、考えを伝えあったり、良い所を見つけることで「自分の考えが深まった」という多くの感想もいただきました。

最後に、私たちが身近からできるアクションをTシャツに描いていただきました。短時間でイラストまで!各チーム、心が一つになって、まさに平和を実現したひと時でした。

このような素敵な皆さんの笑顔とマインドが、世界に広がっていくことを願います。

笑顔溢れるピーススマイルを見学しましょう

詳細はこちら