「落胆せずに最後まで:困難が大きいほど希望も大きい」2/2イベント報告

2月2日、春の到来を感じる温かさの中で行いました。今回は「笑顔になる人生の授業」として、「落胆しない、諦めないで」というメッセージがテーマでした。

学校や社会で頑張る皆さんも、被災地の方々も、落ち込みたくなることは常々あるもの。だからこそ、それに対してどうするのか。勿論、誰でも落ち込みたくないし、あきらめたくもない。それでも落胆し、諦めるのか、それともあきらめずに少しずつでも最後までやり遂げるのか、それは天地の差です。ただやみくもに頑張り続けろという意味ではありません。

あなたは一人じゃない。落胆し、あきらめたくなるその時こそ、少しでも心が前進してお互いが支えあうなら、一緒に乗り越えることができます。また、そういう私たちでありたいものです。困難な時ほど希望も大きいのです。

被災地の方々へのメッセージとして、「言われて嬉しい言葉」「過去自分が言われて幸せになれた言葉」「笑ってもらえるように」。皆さん各自が相手を想う心を考えて、メッセージと絵を描いてくれました。

 

 

皆さんの心が笑顔で満開になる日を迎えられるよう、私たちもできることを続けていきたいと思います。

 

p.s 2月が誕生日の方々をお祝いしましたが、5人もいました。おめでとうございます^^そして、皆さん、産まれてきてくれてありがとう!

 

笑顔溢れるピーススマイル授業を体験しましょう

スマイル授業の詳細はこちら