JPSAの活動理念

 私たちは「最高の教育は人を生かす教育」という哲学のもと、主に青少年の自殺とうつを予防し、なくすことで、誰もが人間らしく笑顔で生きる平和社会を実現するために活動しています。そのために、自己肯定感や幸福度、人間性を高める心の教育プログラムを提供しています。今の日本社会で、皆さんのお子さんやご家族が将来うつにならない保証は一切ありません。よって、全ての人たちに関わる問題だと思っています。
 
 そもそも人の心、考えから行動が生まれます。だから、自他の価値を大切にする健全な心を育むことで、戦争(経済戦争、心の戦争も含む)なき平和社会、笑顔の絶えない平和社会を実現できると私たちは考えています。
 誰もが平和を望むでしょう。国も人も争う理由はなんでしょうか。一言でいうなら相手への愛情がないから。各国各人、愛についての解釈は違うと思いますが、基本は同じです。よくしてあげて、理解し、受容し、許し、よく助け、そして安心させてあげる。
 本来なら幼少期に満たすべき、こうした愛情を受けてこそ、人は健全に成長し、自己肯定感も幸福度もあがっていきます。これを可能にするのが<ピーススマイル>プログラムです。

 元々、私たちの活動は、平成10年以降毎年約3万人の自殺者(毎日約15分に1人が自殺)を出していた日本の惨状、 そして政府や自治体が自殺者を止めることで手一杯な状況を目にして、 自殺の「予防」に先進的に取り組むことからスタートしました。
 自殺は複合的な原因によるケースが多いと言われていますが、 実際は多くの方が自殺で亡くなる前にうつ病(もしくは依存症)にかかっています。したがって、自殺問題を根本的に解決するためには、 うつにかからないためのメンタルヘルスが非常に重要だと分析し、 薬で強制的に処置するのではなく、“人間の価値”“自分の価値” つまり“自分とお互いを認め”られる価値観を育むという解決法を訴えてきました。
(以下ページ参照うつと精神疾患を治すには
 幸いなことに、国で自殺対策が法制化されるなどあり、毎年自殺者が減る流れができました。とはいえ、若年層については、死因の一位が自殺であり、決して減っていない現状があります。
 私たちが当事者と関わってみると、結局は幼少・青少年期の家庭や教育環境にいきつきました。幼い頃から心が形成され、蓄積された結果です。そうした中、ストレスに倒れやすいのです。
 さらに、取り組まれている日本教育の現状を見ると、現場の方々は人手不足の中でベストを尽くしていると思いますが、進路や職業を選択するためのキャリア教育、単に外国文化を知るという国際理解教育になりがちです。残念ながら、人間教育が大事と言いながらも、受験やキャリア至上教育から抜け出ることができていません。その限界は、現在の労働社会を見ればわかります。
 
 私たちは、人間の根本となる人の尊厳を抱き、自分と相手の価値を高く認めるならば、自他共に傷つけず、むしろ力を与え、生かしあう社会になると考えています。よって、私たちの全活動は「人としての根本的価値を認める」教育、「人を生かす教育」です。国や自治体、学校、教育機関、企業、そしてこれを読んで下さった「あなた」と連携を取りながら、このような平和社会を構築すべく、これからも取り組んでいきます。

代表メッセージ

 こんにちは。私は大手人材エージェントで、業界問わず多くの企業様と人材を結びつけながら、多くの方々のキャリア構築をサポート・アドバイスし、同時に人間関係・家庭の問題、様々な悩みにも一緒に向き合ってきました。そして、仕事としてのキャリアだけで人は幸せになるわけではないということを、痛切に経験してきました。
 
 また、人生のキャリアを幸せに過ごし、人生の終焉まで無事に終えるには、結局、人間性が本当に求められるということも。。外見上幸せに見えても心の中に苦しみや悩みを抱えている人が多く、むしろ、キャリアのある人ほど心が疲れている日本社会を見てきました。
 それで、神学を経て牧師となり、全国巡回もしながら各地の青年たちと面談をして回るようになりました。そうする中で、多くの若者たちがうつに苦しみ、自殺にまで至っている現状を知り、この活動を始めるようになりました。

 さて皆さん、毎年戦争し、毎日90人近くの人が死んでいる国がどこかご存知ですか?「日本」です。心の戦争です。今日も30分以内に1人以上が、自ら命を絶っていきます。理由やきっかけは各自違えども、自殺前にほとんどの方が精神疾患にかかっています。幸福感が薄い日本社会。
 考えから病が来たのだから、<考え方>を直してこそ、根本的に解決します。しかし、その考え方は幼い頃に出来上がってくるので、青少年期から健全な考えと精神を持てるようにすべきです。また、親をはじめとする大人がどう子どもたちに接するかで、子どもたちはいくらでも変わります。大人から変わらないといけません。

 大学時代から漠然と世界の平和を願っていましたが、社会の現状を知ってからは、誰もが人として生まれ、人間らしく生きる平和社会を実現したい。それを実現するためには、よりよいキャリアや環境作りも大事ですが、まず自分を好きになり、自分と相手を大切に生きる人間性作りが必要ではないでしょうか。心からの笑顔で世界を覆ってみたい。それが今目指している未来です!

SDGsは「だれ一人も取り残さない」社会づくり。若者のうつと自殺を止めよう!

ピーススマイルは、SDGs(特に3健康と福祉、4質の高い教育、5ジェンダー平等の実現、16平和と公正)を実践する活動です。教育を通して平和を推進する志を持った若者たちが多く輩出され、地球市民として、SDGs全課題を当事者意識をもってなくしていくことができると考えています。
登録されている記事はございません。

団体情報

ABOUT US

私たちのあゆみ(沿革)

1999年
  韓国で、FIFA日韓ワールドカップ(2002年開催)時に、外国人を笑顔で迎えようというスマイル運動を提唱。一大ムーブメントを起こす。その後、国や企業の研修教育などで活躍。

2005年 当代表理事が国際交流イベントで日本に招聘し、200名近くが体験。そのノウハウを学ぶ。
2008年 9月に日本での自殺防止に取り組む委員会JCSS設立、サイト制作開始
  啓発・予防活動の一環として、上記のプログラムを導入。
  第1回 SHINE(社員)カップ・フットサル大会開催

2009年
  東京都内8箇所でスマイルワークショップを開催(計380名参加)
  第2回/3回 SHINEカップ・フットサル大会開催(各270名/330名参加)
    
2010年
  うつ自殺予防スマイルワークショップを全国展開し、年間で計6回開催
  第4回 SHINEカップ・フットサル大会開催(340名参加)
  「もう一つのワールドカップ・国際平和チャリティサッカー大会」開催
  (25か国370名参加)

2011年
  3月~東日本震災チャリティイベントとして、
  「笑顔と愛のことばワークショップ」を年間で計5回開催
  各被災地にメッセージ付きTシャツを送付。
  第5回 SHINEカップ・フットサル大会開催(420名参加)

2012年
  各種団体とのコラボを通して、モデルショー、復興ライブ等
  多様なイベントを年間で計5回開催

2013年
  現場でうつに苦しむ方やご家族の相談に対応
  上記以外、協同で企業や大学と連携、
  また各種団体にてワークショップやセミナーを開催

2017年
  日本ピーススマイル協会、通称JPSA(Japan Peace Smile Association)に改称。
  第二の創業期としてプロジェクト開始

2018年
  NPO法人化

2019年
  草の根助成事業団及び大同生命厚生事業団ビジネスパーソンの助成事業に採択される

団体概要

名称    特定非営利活動法人 日本ピーススマイル協会(略称JPSA)

英語表記  Japan Peace Smile Association

設立    2008年9月(現事業は2017年6月より)

代表理事  越智 創

所在地   東京都新宿大久保3‐11‐1‐723

問い合わせ先:
(こちらからどうぞ→ 問い合わせページ
TEL:03-6261-7286(当法人は非営利活動の団体です。限られたリソースで活動しておりますので、営業行為などはその時間を奪ってしまうことになります。それでも営業のご提案が必要と思われる場合は、なるだけお問い合わせ欄よりご連絡下さい。)
個人情報保護指針

活動報告 
2019年度活動計算書
2019年度事業報告書
2020年度活動予算書
2020年度事業計画書

活動内容
    ★教育と子育て支援事業
    (自己肯定感、生きる力を育むワークショップ授業や各種研修)

    ★啓発事業
    (各種イベント主催、関連商品の販売、ボランティア活動推進)

    ★アドボカシー事業
    (メディア・SNSを通じた政策提言)

    ★その他の事業
    (震災復興支援事業など)

私達からの提言 <うつと精神疾患を治すには?>

以下ページにある、私たちの提言をご覧ください。「うつと精神疾患を治すには?」)

笑顔溢れるピーススマイルを見学しましょう

詳細はこちら