笑顔の溢れるワークショップ授業を体験してみましょう

アンケートを取ってみると、「自分に自信がない」「自分が好きではない」という生徒が大半です。それを座学で説明しても限界があります。
実際にどれだけ自分が素晴らしい存在で、かつ自信を持てる存在なのかをアクティブラーニングで「体感」してみると、そのことが脳に強烈に刻まれます。楽しく!嬉しく!自分の価値に気づかせる体験授業です。そして、自己肯定感を高めるのは勿論、コミュニケーション能力が高まり、人間関係作りがうまくなります。
地球上で「貴重な上にも貴重なもの」は何でしょうか。自分自身です。作れるものは他の人たちもみんな持っています。みなが作るからです。作ろうにも作れないものを持っていたら、本当に貴重なものでしょう。自分自身は、他の人たちがお金で手に入れようとしても手に入れられない、貴重な上にも貴重な存在です。だから、<自分の人生>が貴重な上にも貴重です。それを分かって、自分をもっと貴重に、もっと美しく、もっと光り輝くようにつくろうということです。
自分の価値を知ることで、自己肯定感と自信を増して、主体的にもっと自分を変えよう、成長しよう、もっと頑張ろうという意欲と行動力を持てるようになります。

笑顔で話せるようになる

ピーススマイル授業では、二人一組になって、笑顔で相手に話しかけるように練習します。笑顔は相手に力と喜びを与えるプレゼントになるからです。そして、挨拶は心の握手です。笑顔で挨拶を交わせばお互いに心が温まります。
この笑顔は、学力がある人もない人も、自信がある人もない人も、誰でも備えている能力なのです。だから、笑顔は自分を認め、自分に自信をつける武器になります。
価値あるものは使ってこそ、もっと享受できます。ギャグなどの笑いは瞬間の笑いにすぎません。自分を認める心からの笑いによって、喜びも幸せも続きます。そして、あなたが笑えば、周りの皆も笑うようになります。

感謝することでお互いの存在価値を認める

日常のちょっとしたことを「ありがとう」と表現できるように練習します。
感謝はお互いを生かし、力づける行為です。相手に感謝されることで、自分の存在価値を得られます。そして、不平、落胆、憎しみを無効にする力があります。また、相手に関心を持ち、相手に感謝することで、自分がいかに恵まれた人なのか分かるようになります。そして、相手・仲間の大切さを痛感します。結果として、人間関係もよくなります。
さらに、感謝を習慣化することで、コミュニケーション能力と人間性が高まります。自然と人が集まる人になれます。

授業風景

Demonstration

ワークショップの一部を映像で紹介します

毎回、笑顔と楽しい雰囲気に包まれます。しかし、ただ楽しいだけではありません。自分と自分の価値に向き合い、自分が特別に存在している喜びを「理論」でも「体感」でも実感するようになります。表現することによって、本人の価値を顕在化させることができます。
(紹介映像をこちらからご覧ください^^「紹介映像「ほめる編」
「今の自分を変えたい」「自分に自信を持てるようになりたい」そういう生徒たちにぴったりのワークショップ授業です。

ほめられることで自分を認めるようになる!!

お互いの内面と外面をほめあいます。学力や運動くらいしか自分を認める評価軸を持ちにくい生徒たちが(自分を認めていない人たちが)ほめられることで、実は自分が大切な存在だと認めざるを得なくなります。このワークを通して、自己肯定感が高まる大きな理由です。普段からほめられることが少ない日本の子どもたちにとってはなおさらのことでしょう。

『あなたは本当に大切な人だ』が真の生きる力を与える

ピーススマイルは「どれだけ自分が素晴らしい存在なのか」を教えてくれる

自己肯定感を高め、明るい未来の扉を開く

自分と人間の価値を認め、「自分を愛し、相手を愛する」こと。私たちはこのことに尽きると考えています。これがピーススマイルの核です。
自分=人間の価値、尊厳を絶対的なものとして認めるならば、自分や相手を傷つけたり、問題行動を起こすことはありません。人は考えた通りに行動するからです。いい考えをもてばいいことをします。悪い考えをもてば悪い行動をします。
だから、人はどのような考え、価値観を持つかがとても大事ですが、人間に必要な良い認識観を育むのがピーススマイルです。オリンピック・パラリンピックのテーマ「平和」の実現にも通じる話です。

脳科学でこどもたちの感情を貴くする

脳は考える通りに作動して反応を見せます。嬉しく思えば、脳神経も嬉しく感じ、嬉しい方に細胞が作動するようになる。これが脳の作用です。
人の神経はセンサーのようなものです。それを脳神経がどういうものか考えで判断するのです。だから、目や耳などの五感が、いい言葉やいい笑顔、いいものを受け取る必要があります。それをお互いに表現することで、互いに受け取れるようにしようということです。よって、ピーススマイルは脳科学にのっとった教育ツールです。感情という宝石を貴く使えるようにします。
体験授業や学校などでのワークショップ授業について、また教員研修について、まずはお気軽にお問い合わせください。
こちらからどうぞ 問い合わせフォーム

笑顔溢れるピーススマイル授業を体験しましょう

スマイル授業の詳細はこちら